ZEH(ゼッチ)

ひらけんのZEH(ゼッチ)

自分の家で消費している電気代は、建物の断熱性能や設備を良くして電気代を抑えたうえで、
太陽光などで発電させて得たエネルギーで賄ってしまえたらいいね。という考えを、
国が数値を決めて推進しているものがネットゼロ·エネルギー·ハウス、通称ZEHです。
ひらけんではエネルギーの自給自足を目指しています。

ZEHの3つのポイント

➊電気エネルギーが実質ゼロの住まい

これまでの省エネに比べて創エネルギーを導入し、自宅で消費するエネルギー量よりも、自宅で創るエネルギー量が多い住宅がZEHです。温室効果ガス削減を目指し、政府では関係省庁と連携しながら新築住宅への導入を推進しています。

➋創エネだけではないZEHの多彩なメリット

太陽光発電で創ったエネルギーで、使うエネルギーを賄えます。また、エネルギーが余った場合は売電も可能です。
外気温の影響を受けにくいため、省エネ効率が高まります。また居住空間全体を断熱する事で、部屋ごとの温度差が生じにくいことも特徴です。
停電時にも太陽光が出ている時間帯は電気を使用することができます。また、エコキュートの貯湯タンクのお湯は断水時に活躍。いざという時に備えられます。

➌2030年には3棟に2棟はZEH住宅になる

「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅においては、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を掲げています。

ZEH実績・目標